Odapedia

1972年に営業運転を開始した小田急9000形。小田急9000形全編成ガイドでは、各編成ごとの特徴やデータをまとめています。9401Fの概要9000形の3次車として、1973年の後半に登場しました。中間に付随車を挟んだ6両編成で、4両と組んだ10両で運転することを想定しています。編成 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

徹底的なリニューアルが行われ、後輩の1000形の一部に廃車が発生する中、現在も多くの車両が現役で活躍を続ける8000形。リニューアルの際にVVVFインバーター制御車へと改造されており、足回りは3000形に近い車両となりました。そんな8000形の中に、足回りが界磁チョッパ制御 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

少々距離はあるものの、よみうりランドの最寄駅となっている小田急の読売ランド前駅。駅自体は小田急の開業時から存在しており、1964年に現在の駅名へと改称されました。線路の外側にホームが並ぶ小田急ではよく見る形態の駅ですが、上りホームは隣接する道路と同じ高さにな ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1978年に営団地下鉄(現在の東京メトロ)千代田線との相互直通運転が開始されて以来、運行されるのは優等列車が中心となっています。最近では各駅停車として運行される列車もありますが、日中を中心に優等列車の割合は高く、中心的な役割とはなっていません。日中も各駅停車 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

従来の車両とは設計方針を大きく変更し、2002年に営業運転を開始した小田急3000形。小田急3000形全編成ガイドでは、各編成ごとの特徴やデータをまとめています。3656Fの概要2004年度に登場した4次車で、8両固定編成となっています。登場当初は6両ばかりが造られた3000形です ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田原線の新百合ヶ丘から分岐し、唐木田までを結んでいる多摩線。路線の距離が小田原線や江ノ島線と比べて短く、小田急の中ではのんびりとした雰囲気の路線です。2000年代以降は輸送力の増強が続きましたが、近年は新型コロナウイルス感染症の影響もあり、減便される傾向と ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1000形のリニューアルが途中で中止となり、現在は3000形のリニューアルが行われている小田急。近年の小田急では、新車に近付けるような徹底的なリニューアルが行われてきましたが、3000形ではそういった方針にも変化が見られるようです。従来の車両に対して徹底的なリニュー ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

複々線化によって地下に潜り、地上を走る風景は過去のものとなった小田急の下北沢付近。地下化から10年近くが経過したことで、地上からは線路の名残も消えつつあるようです。長い年数をかけて行われることになった地下複々線化は、どのように進められたのでしょうか。2004年 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

東京メトロの千代田線への直通用車両として、2007年に営業運転を開始した小田急4000形。小田急4000形全編成ガイドでは、各編成ごとの特徴やデータをまとめています。4065Fの概要2012年度に増備された編成で、1本だけの4次車となっています。製造メーカーは総合車両製作所とな ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

地形的な制約を避けるため、鉄道には道路と同じようにトンネルが設けられることがあります。そこまで数は多くないものの、小田急にもトンネルがいくつか存在し、それぞれに名前が付けられています。普段小田急を利用していても、トンネルのことを気にする機会はほとんどない ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ