Odapedia

個性的な前面スタイルからファンが多かった9000形ですが、千代田線直通車として登場した経緯から、とにかく小田急の中では異質な存在であったように思います。機械の面で見れば、4連が全電動車で構成され、発電制動と回生制動を両方装備している等、とにかく重装備な形式。6 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急線内に来なくなってしまった東京メトロの6000系。いくらでも見ることができた光景は、いつの間にか遠い記憶へと変わっていきます。大雪の翌日、屋根に沢山の雪を積もらせた6000系が走り抜けました。前日は直通が打ち切られてしまい、唐木田に置かれていたのかもしれま ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

時の流れとともに小田急らしい光景は変化していますが、おじさんとしてはどうしても昔の方が小田急らしいと感じてしまうわけです。走り回る分割併合列車、小田急顔、登山線直通急行、そんな日常は全て過去のものとなってしまいました。こんな光景は当時としては当たり前でし ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急8000形の中で、2編成だけが残ることとなった界磁チョッパ車。更新が初期に行われた8251Fと8255Fがそれに該当します。現在は併結を行わず、単独で余生を送るような雰囲気になっていますが、数年前までは10連を組み走り回っていました。快速急行で江ノ島線に向かう8255F ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

営業運転開始を間近に控え、GSEの試運転が繰り返し行われています。多摩線内で走る姿が、すっかり当たり前になってきました。しかし、そんな光景も限られた期間だけのことなのでしょう。いよいよデビューの日が近付いてきました。Odapediaを応援して下さる方は、以下のリンク ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

変態カバーこと小田急の3263Fは、その特殊性からかすぐには営業運転には入らず、しばらく試運転を繰り返す日々を送りました。同時期に8連が登場しましたが、それよりかなり遅れて営業入りしたように記憶しています。写真は多摩線で試運転をする3263Fです。この日は多摩線を往 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

フィルムカメラを使っていた頃の記録から1枚。珍しくリバーサルを使っていますが、当時のレンズが貧弱だったことが災いしてかなり厳しい条件での撮影になってしまったようです。3線区間が懐かしいですね。Odapediaを応援して下さる方は、以下のリンクを1日1回クリックしてい ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は以前紹介した富士急行訪問時の別カットから。当時は当然フィルムカメラで、今のように大量に撮ることはできない時代でした。これはフィルムの最初に記録されていたものです。この目で見たくて見たくて仕方がなかった小田急のABFM車が、目の前に現れた最初の瞬間だった ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

多摩ニュータウンを走る二つの鉄道会社。小田急と京王は以前から競合関係にありましたが、春からもっと熱いバトルを展開することとなりそうです。乗客の流れはどのように変化していくのか、これからの動きが楽しみです。サービス向上の動きが、多摩ニュータウン全体を盛り上 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

全廃になるその時まで、箱根登山線への直通が禁止されていた4000形。それが運用上のネックとなり、晩年の6連は単独で走ることが多くなりました。小田原線内の各停、江ノ島線や多摩線といった支線での運用が、晩年のお決まりパターンになったわけです。これは江ノ島線内の運用 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ