Odapedia

小田急線には様々な橋梁があり、大きなものでは多摩川橋梁や相模川橋梁が有名です。広く名称が知られているもの以外にも様々な橋梁があり、多くは小田急の開業時から使用されているもので、建設から100年を経過しようとしています。そのような中、現在は足柄駅の近くにある久 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

東京メトロの千代田線への直通用車両として、2007年に営業運転を開始した小田急4000形。小田急4000形全編成ガイドでは、各編成ごとの特徴やデータをまとめています。4051Fの概要4000形の第1編成として、2007年に登場した編成です。製造区分上は1次車となっており、2007年9月2 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

通勤や通学用の車両からロマンスカーまで、多種多様な形式が活躍する小田急線。近年は見た目のバリエーションが豊富となりましたが、多くの車両に共通することとして、走行音が静かであるという点があげられます。新しい車両ほど低騒音化が進んでおり、それは小田急に限った ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

無人で様々なものを販売することが可能で、街中のあちこちで見かける自動販売機。近年は付加価値をアップさせた様々なタイプが登場しており、売り物も多様化しています。小田急の駅にも多くの自動販売機が設置されていますが、最近は特別仕様のものも増えてきました。車両の ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

最大10両で運転され、各車両に1ヶ所のドアが設けられている小田急のロマンスカー。営業運転時の運用が変わり、最近は一部のドアが開かなくなりました。開かないドアは2ヶ所のみですが、なぜこのような運用となったのでしょうか。ホームドアの設置に伴う運用の変更2022年11月1 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

6両の編成が多く増備されつつも、初期には仕様変更が繰り返された小田急3000形。最初に登場した12編成は、その後に増備される車両との相違点が多くあり、初期車として分類されています。初期車ならではの特徴はいくつかありますが、その中でも足回りの機器配置は独特なものと ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急沿線を中心に多数の店舗を展開し、惜しまれつつも2022年2月28日をもって全店舗が閉店したHOKUO。一部の店舗はDONQへと変わりましたが、大多数の店舗は完全に閉店となりました。小田急沿線のパン屋さんというイメージがあるHOKUOですが、どのような経緯で誕生したのでし ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1972年に営業運転を開始した小田急9000形。小田急9000形全編成ガイドでは、各編成ごとの特徴やデータをまとめています。9407Fの概要9000形の実質的な最終グループとして、1974年に登場した編成です。製造区分上は4次車となっており、中間に付随車を挟んだ6両編成とされていま ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームの長さが短い駅があり、各駅停車は全列車が6両での運転となっている小田急の江ノ島線。小田原線や多摩線では10両の各駅停車が走っているのに対し、設備の制約により短い編成のままとなっています。各駅停車を10両でも運転できるようにすれば、様々なメリットが生まれる ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2002年に営業を終了し、現在は駅名に施設の名称が残っている向ヶ丘遊園。小田急系の遊園地として親しまれましたが、事業の継続は困難と判断され、惜しまれつつ閉園となりました。向ヶ丘遊園は自然が豊富で、それ自体が特徴ともいえる遊園地でしたが、その園内には鉄道資料館 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ