Odapedia

小田原線の新百合ヶ丘から分岐し、多摩ニュータウンを通り唐木田までを結んでいる多摩線。小田急としては最も短い路線で、1974年に開業しました。線内には踏切がなく、一部の回送列車がワンマン運転を行っている多摩線ですが、今後営業列車に拡大していく可能性はあるのでし ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都内を走り抜けてきた小田急線が、神奈川県内に入る境となっているのが多摩川橋梁です。複々線化時に架け替えが行われ、現在は立派な橋梁となっていますが、架け替え前は開業時からの橋梁が長く使われていました。今回は、架け替え前の多摩川橋梁と、神奈川県内に入って ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

昭和の終わりから平成の始まりにかけて登場した、小田急の8000形と1000形。外見から搭載している機器まで多くの部分が異なる両形式ですが、増備の時期は連続しており、8000形の最終増備車と1000形の第1編成は、製造された時期が数ヶ月しか変わりません。しかし、両形式が増備 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急線を利用する際、見かけないほうが難しいぐらいの大所帯となっている3000形。同じように見えて、実際には細かい部分が色々と違っており、趣味的には面白い形式です。今回は8次車をご紹介しますが、編成単位としての増備はこのグループが最後となっており、その後は4000 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

現役のロマンスカーの中では、唯一の連接車となってしまった小田急のVSE。ロマンスカーブランドの復権を目的としていたVSEには、前面展望席や連接構造といった伝統の復活に加え、車体傾斜制御等の新しい技術も採用されました。小田急ではVSEでしか見られないものがいくつかあ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

古い車両の主電動機を流用したため、吊り掛け駆動となっていた小田急4000形。最高速度が他の車両より劣ることや、冷房化が困難だったため、1985年から高性能化と冷房化が行われました。この改造の際には、編成の組み替えも同時に行われ、全車両が改番されるという珍事が発生 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急の起点である新宿の次にある駅、それが南新宿です。駅名に「新宿」が含まれていますが、駅自体は渋谷区に位置しています。大都会の中にある駅ですが、2019年度の1日の平均乗降人員ではワースト2位となっています。今回はこの大都会の中にある南新宿駅の、開業から現在 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2001年に登場し、現在までに全346両が製造された小田急3000形。初期車と後期車で足回りが異なっている3000形ですが、後期車の中にも、他の編成と主電動機が違う編成があります。今回の記事では、どの編成の主電動機が異なっているのか、どのような経緯でそのような違いが生ま ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年に最初の編成となる5051Fが登場し、現在は5055Fまでが登場している小田急5000形。徐々に見かける機会が増えてきており、数年後には小田急の主力車両となっていそうです。5000形といえば、先代の小田急顔の車両のイメージが強く残っている方も多いと思いますが、その中 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年1月23日に突然運行を開始した、小田急1000形のラッピング車両。東京2020のオリンピックとパラリンピックのマスコットが描かれており、公式発表がない状態ながら話題となっています。公式な発表がないとなると、気になるのはいつまで走るのかという点です。大会の開会前 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ