Odapedia

2004年6月5日に行われた、小田急2600形のさよなら運転。引退を記念して行われたイベントに合わせたもので、唐木田から開成までヘッドマークを付けて運転されました。さよなら運転にはよくあることですが、当日の運転士は鉄の方で、ファンサービスをしながらの運転でした。栗 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

昔と比べ、多くの種別の列車が走るようになった小田急線。湘南急行や多摩急行といった特徴的な種別は消滅してしまいましたが、複々線化の完成によって新たに生まれた種別もあります。その種別の中で、平日の朝ラッシュ時にしか運転されないのが、2018年3月17日のダイヤ改正で ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急のロマンスカーにおいて、現在圧倒的な多数派となっているのが、4両と6両を組み合わせて10両を組成するタイプの車両です。EXEとMSEがこのタイプに該当し、MSEのほうが他社線に直通できるという違いはありますが、日常利用の客層を中心にしているという点では、実質的に ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

HiSE以来の前面展望構造を採用し、2005年に運行を開始した小田急のVSE。2編成が製造され、現在も観光輸送の主役として活躍しています。VSEが運行を開始する2005年の段階では、LSEとHiSEを合わせて8編成の展望車が在籍していました。運行開始後、HiSEの2編成が廃車となり、合 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

4000形の全廃後、5000形より先行して廃車が開始された小田急9000形。2005年4月から廃車が開始された9000形は、約1年程度で全90両が営業運転から離脱しました。9000形の廃車は、元々9010Fとして登場した9409Fから始まりました。3000形の6両と置き換えられるようにして、9406F ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急ばかりを撮っていると、写真を通して移り変わりを見ることができます。10年前に撮った写真を眺めてみたところ、この期間だけでもかなりの変化を感じました。2009年の小田急は、9000形までの廃車が終わり、少しずつ5000形の廃車が進行している時期でした。年々小田急顔 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急といえばロマンスカー、ロマンスカーといえば展望車、多くの方が小田急に持たれているイメージではないでしょうか。しかし、現在小田急に在籍するロマンスカーで、展望車を持つのはVSEとGSEのみで、実際には4編成しかありません。1957年にSEを登場させた小田急は、ロマ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急初のステンレス車として、1988年に運行を開始した1000形。増備される過程で様々なバリエーションが生まれ、趣味的にも面白い形式となっています。4両固定、地下鉄直通用、ワイドドア車、10両固定、8両固定の順で登場したイメージが強い1000形ですが、実際には入り混じ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

吊り掛け駆動で登場し、1985年から新性能化が進められた小田急4000形。新性能化と合わせて冷房化も行われ、他形式との差異が少なくなりました。新性能化後の4000形は、編成が4両と6両に改められたことから、箱根登山線には直通ができないという条件が残りながらも、他形式と ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

愛称の由来ともなったハイデッカーが原因となり、短命のロマンスカーとなってしまった小田急のHiSE。合計で4編成が製造されましたが、2005年にVSEが登場したタイミングで2編成が廃車となり、長野電鉄に譲渡されました。2編成だけが残ったHiSEですが、実際には10001Fも運用を ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ