Odapedia

少しずつ編成数が増加し、見かける機会が増えてきた小田急5000形。今後の標準車両として、ある程度の編成数が増備されると考えられ、さらに見る機会が増えそうです。5000形は小田急の通勤型車両として初めて2色の帯を巻いており、外見のデザインが大きく変化しました。近年は ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

都心部を中心に、少しずつホームドアの設置を進めている小田急。各社で様々な事情を抱えていると思いますが、小田急は設置が早い鉄道会社ではありません。ホームドアの設置が進まない理由はいくつかありますが、一般的には費用の問題や、駅の構造、車両のドアの位置が関係し ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

東京メトロ千代田線への直通用車両として、2007年に営業運転を開始した小田急4000形。JR東日本のE233系をベースとしており、小田急らしさという点ではかなり薄くなった車両です。この4000形、小田急の車両の中では、編成ごとの差異が少ないというのが特徴として挙げられます ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急で初めてオールステンレスの車体を採用し、1988年に営業運転を開始した1000形。平成初期という小田急にとって過渡期となる時代に増備され、様々な仕様変更や改良が行われながら、合計196両が製造されました。近年はリニューアルが進み、これからも長く活躍しそうな雰囲 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

他形式から主電動機等を流用し、1966年から製造が開始された小田急4000形。近代的な車体で吊り掛けモーターの音を奏でる車両で、そのアンバランスさが魅力の一つとなっていました。4000形は2600形と同様の車体を持つ車両でしたが、足回りは旧態依然とした吊り掛け駆動方式で ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

現役を引退した車両を多く保存している小田急。2021年には海老名にロマンスカーミュージアムがオープンし、ロマンスカーを中心として気軽に保存車両を見ることができるようになります。ロマンスカーミュージアムには、SEからRSEまでのロマンスカーと、開業時に製造された1形 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ワイドドア車以外の全車両を対象として、2014年度から開始された小田急1000形のリニューアル。しかし、あまりにものんびりとしたペースでの施工が続いていたところ、1081Fに廃車が発生したことで、計画に変更が生じたことが決定的となりました。1000形は小田急で初めてオール ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

長年に渡って採用され続けた小田急顔、その前面デザインを採用した最後の形式が5000形です。2代目の5000形が登場し、徐々に先代と呼ばれる機会が増えているこの車両の歴史を、何回かに分けて振り返っていきたいと思います。1964年に登場した2600形から、小田急は本格的な大型 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

立派な複々線が完成し、大幅な輸送力増強を達成した小田急。代々木上原付近を別とした場合、最初に複々線が完成したのは喜多見から和泉多摩川の区間でした。小田急で初めて本格的な複々線となったこの区間ですが、同時に高架化が行われたこともあり、昔からの景色は全て失わ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1964年に登場し、小田急としては最初の本格的な大型車となった2600形。その後の小田急は一気に大型車が主力となり、年々輸送力を増強していきました。最後の中型車である2400形が形式消滅した後、小田急では長い間編成単位での通勤型車両の廃車はなく、2600形は2000年が近付 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ