Odapedia

2001年に第1編成が登場し、その後の大量増備で小田急最大の勢力となった3000形。小田急に乗れば必ず見られる形式となっており、全346両が活躍しています。登場から約19年が経過した3000形ですが、最終増備の中間車は2019年の製造となっており、製造期間が長いことも特徴の一 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

現在は全席が禁煙となっている小田急ロマンスカー。年々禁煙や分煙が強化されていますが、昔はロマンスカーの車内でタバコを吸うことが可能で、それを目的に乗車する方もいたようです。今回はロマンスカーへの禁煙車の設置から、その後の全席禁煙化までを振り返ってみたいと ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近はなかなか見ることができなくなった、小田急1000形の4両を2編成繋いだ8両の列車。未更新の1051Fと1053Fを繋いだ編成が久々に組まれ、小田急ファンに話題を提供しましたが、10月31日の入庫後に解放されました。写真は10月31日に撮影した分割8両による各駅停車で、駅には ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

現在のところ、小田急で最後の連接車となっているVSE。展望席の復活や、帯の色にロマンスカーの伝統を盛り込んでおり、LSEの引退後は人気も上昇しつつあります。そのVSEに、箱根ゴールデンコースの60周年を記念して、2020年9月7日からヘッドマークが掲出されています。今回は ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急で初めての総合検測車として、2003年に製造されたクヤ31形。軌道や架線の検測を営業列車が走る時間帯に行うことが可能で、それまで終電後に行われていた検査を日中にできるようになりました。クヤ31形は動力を持たない制御車となっているため、1000形に牽引されて運転 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年度から大規模なリニューアルが開始され、施工された編成は新車と遜色ないレベルになっている小田急1000形。一方で一部の車両には廃車が発生しており、当初予定されていた全編成のリニューアルは行われないことが確定的となっています。現在もリニューアルは進められて ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急5000形の車体修理は、4両の5063Fを残したまま6両の施工に移行します。4両の車体修理が完了していない1996年に5255Fから開始され、小田急らしく全編成が更新されず、5063Fだけが未更新で残ってしまうのではないかと思われました。6両の車体修理は4両と若干内容が変わり ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の鉄道車両では当たり前となった、種別や行先表示の英字併記。小田急も例外ではなく、在籍する全ての車両が英字併記に対応した表示装置を備えています。本格的に英字併記化が行われる前から、小田急では一部の車両にのみ英字併記がある行先幕が見られました。東京メトロ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

数多くのロマンスカーが走る小田原線に対して、それほど多くない本数が走っている江ノ島線。昔は江ノ島線を走る優等列車が少なかったこともあり存在感がありましたが、快速急行が登場した後は以前より地味な存在となってしまいました。現在のえのしま号は、メトロえのしま号 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急で最大の勢力を誇り、全線でその姿を見ることができる3000形。増備の途中で数々の仕様変更が行われ、その後は組み替えも生じたことから、多くのバリエーションがある形式です。3000形は2000形に引き続き、前面や側面の表示器をLED式としました。初期の車両は側面の表示 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ