Odapedia

小田急で最も在籍両数が多く、利用者としては見かけない日がないぐらい走っている3000形。全体的に無駄を省いた設計とされていることから、車両に対する好みは分かれるようです。車両の整理が進んだことで、最近は比較的地味な使われ方をするようになった3000形ですが、過渡 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

バリアフリー化が進められ、全70駅の全てで改札口からホームまでの段差が解消されている小田急。ほとんどの駅にエレベーターが設置され、エスカレーターが併設されている駅も多くなっています。現在のような状況になるまで、地道に進められてきたバリアフリー化ですが、その ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

登場から40年近くが経とうとしながらも、まだ多くの編成が元気に活躍している小田急8000形。後輩である1000形に多数の廃車が発生する中、8000形はまだ18両が置き換えられただけで、142両が現在も残っています。しかし、元気に活躍しているとはいっても、小田急では最古参の形 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急の全線で運転され、優等列車の間を逃げるように走っている各駅停車。以前は新宿から小田原、片瀬江ノ島までを走るような列車が設定されていましたが、各駅停車の長編成化が進んだことで現在は見られなくなりました。その一方で、複々線化が完了した現代において、新宿 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

近年は10両ばかりだった小田急の急行ですが、2022年3月12日のダイヤ変更で6両の列車が多く設定され、再び頻繁に見かけるようになりました。一部の時間帯では細々と6両の急行が残っていたものの、日中にこれだけ多くの本数が走るのは久し振りのことであり、昔に戻ってしまった ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田原線の新百合ヶ丘から分岐し、唐木田までを結んでいる小田急の多摩線。丘陵地帯を走るため、多摩線内には勾配が多くあることが特徴です。そんな多摩線ですが、各駅の標高はどれぐらいなのでしょうか。国土地理院で公開されている情報を元に調べてみました。丘陵地帯を走 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1983年に営業運転を開始した小田急8000形。小田急8000形全編成ガイドでは、各編成ごとの特徴やデータをまとめています。8057Fの概要1985年度の開始早々に登場した4両の2次車です。基本的な仕様は1次車と同様で、連結器にCSD 86を採用した最後の4両となりました。8000形として ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

リニューアルと廃車が同時に進められたことで、残る未更新車が僅かとなった小田急1000形。ワイドドア車も含めると、最盛期は196両が在籍していた1000形は、一つの区切りを迎えつつあるのかもしれません。2022年3月12日に行われたダイヤの変更後も、1000形の未更新車は元気に ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

急行以上の優等列車は停車しないものの、待避線のある2面4線のホームを備えている小田急の相武台前駅。駅の南側には留置線が備えられており、夜になると営業を終えた車両が集まってきます。写真からも分かるとおり、相武台前には沢山の留置線がありますが、それはなぜなので ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1983年に営業運転を開始した小田急8000形。小田急8000形全編成ガイドでは、各編成ごとの特徴やデータをまとめています。8261Fの概要6両の4次車として、1985年の初めに登場した編成です。当時の小田急は2200系列の置き換えが終了し、2400形の廃車と4000形の高性能化が始まろう ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ