Odapedia

田園都市線で大きな動きが今後予想される東急。小田急のお隣を走る路線ということもあり、以前はたまに撮っていました。スカートが装着されていない頃の8590系を、たまたま撮っていました。この方が東急って感じがするのは、私だけでしょうか。Odapediaを応援して下さる方は ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

現在は設定が無くなってしまった上りのスーパーはこね号。小田急の花形列車なので、少々寂しく感じますね。写真は代走でLSEが充当された際のものです。この姿は、もう二度と見られないことになってしまいそうです。Odapediaを応援して下さる方は、以下のリンクを1日1回クリッ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

十年一昔とか言いますが、小田急の10年ぐらい前を振り返ってみると、確かにだいぶ前のことのように思えてきます。近年は変化が激しかったこともあり、尚更なのかもしれません。今も走っている車両たちですが、細かく見ると色々と変わっています。ブランドマークはまだ無く、8 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

東海道・山陽新幹線区間で最も近未来的な車両はと聞かれたら、私の中では間違いなく500系です。本数としては少なかったわけですが、本当に目立つ素敵な新幹線でした。16両から8両になって今も走っていますが、長編成の一体感は薄れてしまったように思います。写真はまだ元気 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

シールドビーム化されていない編成の中で、晩年に唯一4連化された小田急5000形の5258F。短縮化される前は、他の編成と同様各停から急行まで幅広く使われていました。写真は短縮化の少し前の頃で、スカートが併結相手の二段電連に対応するために改造されています。この姿は、 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近LED表示器の故障が目立っていた小田急3000形ですが、初期車でフルカラーLEDへの交換が開始されました。そうなると気になるのが、どのぐらいのシャッター速度まで許容されるかという点です。近年の小田急は、4000形や1000形の更新車で低速シャッターが要求されているので ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

かつては頻繁に分割併合が行われていた小田急ですが、現在は特急車で少し見られる程度となってしまいました。今は見られない分割特急を、古い記録から掘り出してみました。サポート号なんて列車が存在していたことを、知らない方が増えてきていそうですね。この写真はそのサ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急顔がいる光景は、今見ても安心します。そんな小田急顔が小田急線上から消えてから、既に6年が経ってしまいました。6連の5265Fが、単独各停で新宿を目指します。異様なほど誰もいませんが、それはこの光景が終夜運転の時だったからなのでしょう。Odapediaを応援して下さ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ引退へのカウントダウンが始まった小田急のLSE。後悔のないように、機会を見つけて記録を残していきたいものです。さて、今日はスーパーはこね号の写真から1枚。10年前ぐらいの段階でも、スーパーはこね号に入るのは珍しく、わざわざ撮りに出掛けるほどの状況でした ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

スローペースで更新が進められている小田急のEXE。まだ未更新車が多数派ですが、数年後にはその勢力図が逆転しているのでしょう。更新車は前面の愛称表示が撤去されているので、愛称を撮るなら今のうちかもしれません。適当に撮っていたら、6連単独のえのしま号が走って来ま ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ