Odapedia

更新時にHiSEに合わせた塗装に変更された小田急のLSE。イメージとしては似ていたのですが、実際に並ぶとだいぶ雰囲気は違っていました。箱根登山線内で並んだ際の写真です。塗り分け方の違い、色味の違いが実際には多くあって、雰囲気だけが似せてあったことが分かります。NS ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

かつて小田急側で多摩急行の主役だった1000形。現在の4000形とは異なり、6連と4連を組み合わせた編成による直通車も存在していました。写真がその分割編成で、後方に連結部が見えています。小田原方にも電連が残っていた頃の撮影で、1000形がほぼ登場時の姿を保っていました ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

晩年は各停運用が主体となった4連に対し、優等列車で最後まで走り回った6連の小田急9000形。編成両数によって使い方が異なってくるのは、小田急らしさかもしれません。大きな種別幕では、急行の文字が目立っていました。今見てもその存在感は際立っていますね。Odapediaを応 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急の車内配色は、長らく寒色系が採用されてきました。その最後の採用形式となったのが8000形です。外が暗くなり、車内の様子がよく分かる写真が残っていました。8000形は壁の化粧板に模様が入っており、寒色系の集大成といったデザインになっています。形式としての採用 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

常に1編成があさぎり号に使われていた小田急のRSE。もう片方はどうだったかというと、展望車と同様はこね号等で走っていました。写真は新百合ヶ丘を通過しようとするRSEです。JRの371系が検査の時等を除いては、このようにもう片方が線内運用で使われていました。Odapediaを ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

東京メトロ6000系が小田急に来なくなって久しいですが、とても地下鉄らしい電車だったなと思います。機能的なデザインに寄っているわけですが、その中でも個性を出そうとしていたあたりが、印象に残る部分でした。小田急での晩年は、ほとんどが多摩線直通だったわけですが、 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

かつては2mもの開口幅があった小田急1000形のワイドドア車。ラッシュ時の切り札として登場するものの、意図した結果が得られず後に開口幅を縮小することとなってしまいます。富士山と絡めて撮ったものですが、異様に大きいドアの様子が分かる写真になりました。開口幅の縮小 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ファンが多かった小田急の9000形。2006年3月17日に定期運用を離脱するのですが、それに先立ち15日からヘッドマークが掲出されました。大和に到着するヘッドマークを付けた9000形です。当時昼間はアルバイトをしていたので、その前に行って撮ったものと記憶しています。ヘッド ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急3000形の前面帯は太かった、そのことを知らない方が増えてくる頃でしょうか。そう、太かったんです。写真は湘南急行に充当される3256Fで、登場当時の太帯が小田急らしさを残しています。地味な変化が多い小田急の3000形ですが、最も大きいのはこれかもしれませんね。Od ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

JR東日本の東北、上越新幹線では少数派だったシャークノーズの先頭車。個人的には新幹線らしさが残りつつ、この時期特有のカッコ良さを備えた好きな顔です。写真は2005年の撮影で、既に定期運用は終了しており、波動用として使われていました。豪雪地帯を走る装備にシャーク ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ