複々線の完成を記念し、小田急では1月26日からPRのヘッドマークが掲出されることが発表されましたが、下北沢付近が地下化された際にも似たような取り組みがありました。
その時は今回と違って一部の編成のみだったので、今回の方が大規模ということになります。

さて、一部の編成とはどうだったのかというと、比較的都心を走ることが多い8連を組む編成のみへの掲出でした。
1000形の4連と8連、2000形、3000形の8連が対象だったと記憶しています。

20180120_01

1編成しかいない1081Fです。
左下の空きスペースに貼られています。

1000形の4連は8連を組成していない編成にも貼られていたので、一部が急行運用に使われていました。

20180120_02

こちらは2000形の2053Fで、掲出位置は1000形と同様です。
まだ3色LEDで、帯はロイヤルブルーの姿なのが懐かしいですね。

20180120_03

ラストは3000形です。
3000形の場合は、前面中央に掲出されていました。
種別は区間準急で、これもまた過去の姿ですね。

今回掲出される複々線PRのヘッドマークも、掲出位置は同じになると予想しています。
全編成が対象とのことなので、撮影に熱が入りそうです。

鉄道コム
「Odapedia」は鉄道コムのブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は、上記バナーをクリックして頂けますと幸いです。