今日は4000形のお話し。
4000形とはいっても、先代の小田急顔を持つ方です。

箱根登山線乗り入れの関係で、晩年6連はほとんどが単独運用でしたが、そこに左右されない4連は付属編成的な使われ方で活躍を続けていました。

20180120_07

6連ではあまり見る機会がなかった湘南急行にも、日常的に入っていました。
この写真では前に3000形が繋がっており、年の差が相当ある面白いコンビでした。

鉄道コム
「Odapedia」は鉄道コムのブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は、上記バナーをクリックして頂けますと幸いです。