湯本急行という列車が既に懐かしくなってしまいましたが、大型化以降の主役というと浮かぶのがこの形式。
5000形というより、5200形と言った方が分かりやすいのかもしれません。

20180120_04

小田急顔のラストを飾るにふさわしく、洗練された顔つきでした。
多くが晩年はシールドビーム化されましたが、最後まで原形のライトを装備する編成も残っていました。

鉄道コム
「Odapedia」は鉄道コムのブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は、上記バナーをクリックして頂けますと幸いです。