期間限定の予定だった旧塗装化がそのまま定着し、すっかり沿線に再度定着したロマンスカーの姿。
GSEでは再びその懐かしい姿に近付きましたが、先輩LSEに残された時間は着実に短くなりつつあります。

20180128_01

駅を通過していく、こんな何でもない日常を大切にしていきたいものです。

鉄道コム
「Odapedia」は鉄道コムのブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は、上記バナーをクリックして頂けますと幸いです。