小田急の5000形には特徴的な編成が多くいましたが、この5255Fも形態的なものではないものの、特徴的な編成でした。

20180128_03

それは小田原方に5555号車がいることで、ゾロ目ナンバーとして人気の編成でした。
晩年は4連化されてしまったので、先頭に出る機会が激減し、ちょっと残念な展開となりました。

鉄道コム
「Odapedia」は鉄道コムのブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は、上記バナーをクリックして頂けますと幸いです。