つい最近も中間車が新造され、小田急の最多勢力となっている3000形ですが、かつてとてつもない編成がいたことを記憶している方は多いのではないでしょうか。
そう、6連の第13編成こと3263Fです。

20180127_08

見て分かるとおり、側面全体を覆うカバーというか、スカートが強烈なインパクトを与えられます。
線路を走るモノレールだとか色々と言われましたが、スラング的に使われていた変態カバーや変態スカートがあまりにも定着し、だいたいの方はこの言い方で通じる程度まで一般化しました。

現在は全て撤去され普通の3000形になりましたが、今でも側面下部に取り付け時の名残を見ることができます。

鉄道コム
「Odapedia」は鉄道コムのブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は、上記バナーをクリックして頂けますと幸いです。