昔はいくらでも見ることができた小田急顔の並び。
だんだんと見る機会が減り、全く見ることができない過去の光景となりました。

20180128_05

小田急多摩センター駅で並ぶ2600形と4000形です。
以前の多摩線といえば、廃車間際の車両が走り回るのが定番の路線でした。

こんな日常も、どんどん遠い過去になっているように最近思います。

鉄道コム
「Odapedia」は鉄道コムのブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は、上記バナーをクリックして頂けますと幸いです。