今度のダイヤ改正で列車種別が増えるのに合わせて、種別幕の変更やLED表示のソフト変更が始まりました。
駅の案内表示で少し前から変更が始まっていたので、車両側も変更になることはなんとなく予想していて焦りはないのですが、忘れてはいけないのはヘッドマークとの組み合わせ。
変更が進めば進むほど、各停表示とヘッドマークの組み合わせは撮りにくくなるということになります。

この時期は忙しい週末が多いのですが、時間を見つけて少しだけ撮影ができたので、その中から2枚をピックアップしました。

20180217_02


1枚目は1000形のレア車である1081F。
ほぼ各駅停車でしか走らないこの編成を撮り逃がすわけにはいきません。

望遠を思いっきり使ったので、圧縮効果で先頭車が入らない綺麗な編成が強調された気がします。

20180217_03

続いては2000形の2059F。
まだロイヤルブルーの帯を巻く貴重な存在です。

思ったよりはスローペースで進む変更ですが、後悔のないように残していきたいと思っています。

鉄道コム
「Odapedia」は鉄道コムのブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は、上記バナーをクリックして頂けますと幸いです。