時の流れとともに小田急らしい光景は変化していますが、おじさんとしてはどうしても昔の方が小田急らしいと感じてしまうわけです。
走り回る分割併合列車、小田急顔、登山線直通急行、そんな日常は全て過去のものとなってしまいました。

20180224_01

こんな光景は当時としては当たり前でしたが、そんなものこそ撮っておくべきだなと改めて思います。
いくらでも見られたものだからこそ懐かしいですね。

鉄道コム
「Odapedia」は鉄道コムのブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は、上記バナーをクリックして頂けますと幸いです。