翌日に複々線の使用開始を控えた小田急線。
仕事だったので多くを撮影することはできませんでしたが、帰りに少しだけ寄り道してみました。

いつもはいない大勢の作業員、そして鉄道好きが走り回っている以外は、意外にも静かな夜でした。

20180303_01

地下化から複々線化の完成まで、暫定的に使われてきた地下ホームもいよいよその役目を終えます。
工事の開始から完了まで多くの車両が新たに登場し、老朽化した車両たちが去っていきました。

主力は小田急顔から3000形に代わり、快速急行といった速達列車も登場しました。
新ダイヤまであと少し。
いよいよ新しい小田急が始まる日が、すぐそこまで来ています。

鉄道コム
「Odapedia」は鉄道コムのブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は、上記バナーをクリックして頂けますと幸いです。