小田急にも二段電連の車両が出てきた頃、従来車に対応工事が行われるようになりました。
スカートの形状を変更する改造で、曲線通過時等に干渉しないようにするためだと思われます。

20180224_04

写真は改造後の5252Fで、スカートの下部が直線的な形状に変更されています。
急いで工事を進めたせいか、このようにやっつけ仕事感漂う姿の編成が多く見られました。

結局、その後二段電連の車両と併結するような運用は組まれなかったあたり、これもまた小田急らしい事例でありました。

鉄道コム
「Odapedia」は鉄道コムのブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は、上記バナーをクリックして頂けますと幸いです。