小田急8000形の各駅停車は今でも頻繁に見ることができますが、8連となるとそうはいきません。
現在は更新されたことでそもそもできないのですが、かつては4+4で8連が組まれていた時期がありました。

20180304_08

このような感じで、8連を組んで使われていました。
地下鉄直通用の9000形や1000形の8連と比較すると、加速度の面で劣るようなところがあったようで、8両固定の3000形が増える中で真っ先に消滅しました。

4000形や5000形の8連各停が組まれなかったのも同様の理由なのでしょうね。

鉄道コム
「Odapedia」は鉄道コムのブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は、上記バナーをクリックして頂けますと幸いです。