ダイヤ改正で小田急に登場した通勤準急。
早々に撮らないといけないのが、ヘッドマークとの組み合わせ。

これがまた難易度の高いもので、そもそも3社の車両が使われるとあって、4000形が来る割合がそもそも低いのです。
さらに、LEDの表示機は低速シャッターが求められ、50%の確率で千代田線直通の表示になってしまいます。

既にヘッドマークがどんどん外されているので、長くても数日しか見られないと予想していました。

20180321_02

写真は3月19日に撮影したもので、ベストショットではないものの、なんとか記録に残すことができました。
自分の中で撮りたいものは残せたので、この先はのんびり撮影モードに戻りたいと思います。

鉄道コム
「Odapedia」は鉄道コムのブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は、上記バナーをクリックして頂けますと幸いです。