今回のダイヤ改正でひっそりと消えた小田急のあさぎり号。
翌日からふじさん号となるその列車は、多摩急行と同様静かにラストランを迎えました。

20180325_03

小田急のMSEが、いつもと同じように走って行きました。
長く続いたその愛称は、外国人観光客の増加を意識して、発展的にその役割を終えることとなりました。

鉄道コム
「Odapedia」は鉄道コムのブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は、上記バナーをクリックして頂けますと幸いです。