小田急3000形の前面帯は太かった、そのことを知らない方が増えてくる頃でしょうか。
そう、太かったんです。

20180304_06

写真は湘南急行に充当される3256Fで、登場当時の太帯が小田急らしさを残しています。
地味な変化が多い小田急の3000形ですが、最も大きいのはこれかもしれませんね。

鉄道コム
「Odapedia」は鉄道コムのブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は、上記バナーをクリックして頂けますと幸いです。