小田急の車内配色は、長らく寒色系が採用されてきました。
その最後の採用形式となったのが8000形です。

20180310_03

外が暗くなり、車内の様子がよく分かる写真が残っていました。
8000形は壁の化粧板に模様が入っており、寒色系の集大成といったデザインになっています。

形式としての採用は8000形がラストですが、5000形や9000形の4連が更新時に寒色系を踏襲したので、実際にはそちらが本当の最後なのかもしれません。

鉄道コム
「Odapedia」は鉄道コムのブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は、上記バナーをクリックして頂けますと幸いです。