晩年は各停運用が主体となった4連に対し、優等列車で最後まで走り回った6連の小田急9000形。
編成両数によって使い方が異なってくるのは、小田急らしさかもしれません。

20180310_02

大きな種別幕では、急行の文字が目立っていました。
今見てもその存在感は際立っていますね。

鉄道コム
「Odapedia」は鉄道コムのブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は、上記バナーをクリックして頂けますと幸いです。