晩年は各停運用が主体となった4連に対し、優等列車で最後まで走り回った6連の小田急9000形。
編成両数によって使い方が異なってくるのは、小田急らしさかもしれません。

20180310_02

大きな種別幕では、急行の文字が目立っていました。
今見てもその存在感は際立っていますね。

Odapediaを応援して下さる方は、以下のリンクを1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

鉄道コム

にほんブログ村

人気ブログランキング