かつて小田急側で多摩急行の主役だった1000形。
現在の4000形とは異なり、6連と4連を組み合わせた編成による直通車も存在していました。

20180310_04

写真がその分割編成で、後方に連結部が見えています。
小田原方にも電連が残っていた頃の撮影で、1000形がほぼ登場時の姿を保っていました。

鉄道コム
「Odapedia」は鉄道コムのブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は、上記バナーをクリックして頂けますと幸いです。