更新時にHiSEに合わせた塗装に変更された小田急のLSE。
イメージとしては似ていたのですが、実際に並ぶとだいぶ雰囲気は違っていました。

20180310_06

箱根登山線内で並んだ際の写真です。
塗り分け方の違い、色味の違いが実際には多くあって、雰囲気だけが似せてあったことが分かります。

NSEの引退後、展望席を備えた車両のイメージを統一するという目的だったようですが、その後どうなったかは現在のLSEを見れば一目瞭然ですね。

鉄道コム
「Odapedia」は鉄道コムのブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は、上記バナーをクリックして頂けますと幸いです。