小田急5000形には特徴的な編成が多く存在しますが、その中でも目立っていたのが5060Fでした。
かつて電気警笛を試験的に設置したことがあり、その際の丸い穴がスカートに残っていました。

20180407_06

写真は5060Fのスカートをアップで撮影したもので、特徴的な丸い穴がよく分かります。
ただの穴ではなく、網目構造になっていました。

鉄道コム
「Odapedia」は鉄道コムのブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は、上記バナーをクリックして頂けますと幸いです。