小田急1000形の最終増備車にして、唯一の8両固定編成といえば1081Fです。
登場してから今に至るまで、レア編成として人気を集めています。

外見的には登場時から大きな変化がないのですが、今日は少し前の姿を取り上げます。

20180331_04

まだ区間準急や快速急行が登場する前で、種別幕が黒地だった頃の写真です。
現在とほとんど変化がありませんね。
大きいところだと、ブランドマークが増えたぐらいです。

更新で大変化をしている1000形ですが、未更新車で見ると登場時からほとんど変わっておらず、2000形や3000形の方が色々変化していることが分かります。

鉄道コム
「Odapedia」は鉄道コムのブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は、上記バナーをクリックして頂けますと幸いです。