小田急9000形のさよなら運転といえば、定期運用離脱後のものが有名ですが、有志による団体扱いのものがその前にありました。
当初9007Fを充当予定だったようですが、前日にダイヤが乱れてしまい9407Fでの運転となったようです。

20180407_08

こちらがその際の写真です。
運良く乗る側でしたので、車庫内で撮る機会に恵まれました。

色々なイベントが行われたあたり、9000形が愛されていた証ですね。

鉄道コム
「Odapedia」は鉄道コムのブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は、上記バナーをクリックして頂けますと幸いです。