地味な変化ですが、小田急8000形更新車のLED表示は、以前フルカラーでも明朝体の編成が存在しました。
更新の途中でゴシック体へと変更されたのですが、それ以前の更新車はしばらくそのままだった時期があります。

20180415_03

これがその頃の写真です。
その後ゴシック体への変更が実施され、全てのフルカラーLED表示が統一されました。

鉄道コム
「Odapedia」は鉄道コムのブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は、上記バナーをクリックして頂けますと幸いです。