今日は少し古めの写真から。
宅地化こそ進みましたが、あまり変化がない小田急の多摩線です。

しかし、車両についてはやはり変化が大きく、昔の写真を見ているとほとんどが過去のものになっています。

20180415_06

栗平でカメラを構えていると、9000形のトップナンバーが走ってきました。
9001Fは結局最後まで残り、写真先頭の9001号車が現在も大切に保存されています。

鉄道コム
「Odapedia」は鉄道コムのブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は、上記バナーをクリックして頂けますと幸いです。