現在も全車が健在の小田急8000形。
その中で気になる存在なのが、界磁チョッパ制御で残る8251Fと8255Fの2編成です。

20180506_01

最近は多摩線を走る機会が以前より増えている印象で、より晩年感が出てきました。
他の8000形と廃車時期にそこまで差は出ないような気がしますが、廃車が始まれば真っ先にとなる可能性が高く、定期的な記録が大切になりそうです。

鉄道コム
「Odapedia」は鉄道コムのブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は、上記バナーをクリックして頂けますと幸いです。