おでこに丸いライトが2つある可愛い小田急顔。
どちらか片方が点灯していることが基本のこのライト、たまに両側を点灯させていることがあり、見られた時はラッキーでした。

両側が点灯するのは減光状態の時で、意図的に運転士が切り替えているということになります。
ただ、そもそもたいして明るくない小田急顔のライトなので、減光状態にすることの意味はほとんどなかったのではないかと思われます。

20180527_05

写真は5065Fがたまたま減光状態でやって来た際のものです。
通常時より暗く、ぼんやりとした光なのが分かりますね。

Odapediaを応援して下さる方は、以下のリンクを1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

鉄道コム

にほんブログ村

人気ブログランキング