シールドビーム化されていない編成の中で、晩年に唯一4連化された小田急5000形の5258F。
短縮化される前は、他の編成と同様各停から急行まで幅広く使われていました。

20180602_05

写真は短縮化の少し前の頃で、スカートが併結相手の二段電連に対応するために改造されています。
この姿は、比較的短期間でした。

鉄道コム
「Odapedia」は鉄道コムのブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は、上記バナーをクリックして頂けますと幸いです。