沿線火災に巻き込まれ、炎上車両となってしまった小田急の3651F。
修理を行うという情報が出てから、大きな動きがない日々が続いていましたが、ようやく何かが行われる気配となってきました。

20180602_04

写真は元気に走っていた頃の3651Fです。
修理が始まれば復帰までは早いと思われますが、あとどの程度お休みするのかが気になるところです。

Odapediaを応援して下さる方は、以下のリンクを1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

鉄道コム

にほんブログ村

人気ブログランキング