昭和の時代には、6連単独で準急に充当される機会が多かった小田急の2600形。
そのような光景は晩年ありませんでしたが、10連で準急に充当される機会が時折ありました。

20180609_05

長さこそ異なりますが、昔を思い出させてくれる光景でした。
側面には、デカデカの準急表示が出ていたことでしょう。

Odapediaを応援して下さる方は、以下のリンクを1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

鉄道コム

にほんブログ村

人気ブログランキング