既に遠い記憶になりつつある、窓枠が黒かった頃の小田急LSE。
この頃は他の展望車形式も在籍していたので、スーパーはこね号への充当は、相当珍しかったように記憶しています。

20180616_05

平日に仕事を休み、わざわざ撮りに行ったことを覚えています。
仕事まで休んだのに、なぜここで撮ったのか過去の自分を問い詰めたいですが、撮っているだけ良しとしておきましょう。

鉄道コム
「Odapedia」は鉄道コムのブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は、上記バナーをクリックして頂けますと幸いです。