新形式が登場した際は、営業運転を開始する前に入念な試運転が行われます。
小田急の場合、最終的には多摩線内を行ったり来たりするわけですが、それ以外に小田原線で走るものがあるわけです。

20180616_06

光線がきついですが、少し懐かしいMSE登場時の試運転です。
まだ床下までピカピカで、こんな姿が見られるのは試運転の時ならではですね。

鉄道コム
「Odapedia」は鉄道コムのブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は、上記バナーをクリックして頂けますと幸いです。