普段は赤い小田急1000形ばかりが行き来しているのが、箱根登山線の小田原から箱根湯本の区間です。
頻度としては多くないのですが、検査の都合等で赤くない1000形が走る時があり、いつもと違った光景を見せてくれます。

20180708_02

同形式ながら、姿が違う1000形が並びました。
リニューアルが進む1000形ですが、この赤い1000形がどうなるのか、気になるところです。

鉄道コム
「Odapedia」は鉄道コムのブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は、上記バナーをクリックして頂けますと幸いです。