小田急の6両編成というと、かつては編成で3機のパンタグラフを搭載しているのが標準でした。
その中で、例外となっていたのが9000形です。

晩年はシングルアーム化されたのですが、菱形時代の写真を撮っていたので、今日はその厳めしい姿から。

20180804_08

編成で4機、しかも先頭車に搭載しているので、かなり厳めしい外見です。
この特殊性が、結果的には5000形より早く廃車される原因となりました。

鉄道コム
「Odapedia」は鉄道コムのブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は、上記バナーをクリックして頂けますと幸いです。