平日の朝ラッシュ時に9本だけ、小田急のレア種別となっている通勤急行。
上り列車だけが存在し、意外と気軽には撮れない列車です。

充当される形式に目を向けると、そのうちの8本が10連、残りの1本だけが8連なので、バリエーション自体は豊富となっています。
その中で幕を装備する形式は、既に1000形の未更新車のみとなっており、かなり貴重な存在です。

20180804_03

1000形による通勤急行はこのような姿で、白地の種別幕が目立ちます。

スローペースながら1000形の更新が進んでいるので、見る機会はこの先も減り続けるといえるでしょう。
後々慌てないように、今のうちに撮っておくのが良さそうですね。

鉄道コム
「Odapedia」は鉄道コムのブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は、上記バナーをクリックして頂けますと幸いです。