春のダイヤ改正で新宿から多摩線への直通列車が大増発され、色々と雰囲気が変わった小田急線。
少し昔に目を向けてみると、新宿から多摩線に向かう列車はかなりレアな部類でした。

区間準急が存在した頃は比較的多かったのですが、それより前になると本当に少なかったと記憶しています。

20180804_07

区間準急登場前は、6連の多摩線直通各停が存在していました。
確か1日に数えるほどしかなかったと思います。

6連各停自体が貴重になってしまったあたり、時代の変化を感じずにはいられません。

Odapediaを応援して下さる方は、以下のリンクを1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

鉄道コム

にほんブログ村

人気ブログランキング