世間がお盆休みとなる8月13日の早朝、小田急では人身事故が発生してしまいました。
快速急行や通勤急行は急行へと変更されましたが、それが普段は見られない列車を生むことになります。

20180813_01

ホームで待つ私の前に現れたのは、普段は見られない2000形の急行新宿行きでした。
よく見ると、しかもそれは唯一ロイヤルブルー帯で残る2059Fです。
本来は通勤急行になる予定だった列車が、臨時急行に仕立てられたことでこうなったようです。

ダイヤ乱れが原因とはいえ、かなり珍しい記録となりました。

鉄道コム
「Odapedia」は鉄道コムのブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は、上記バナーをクリックして頂けますと幸いです。