生涯1編成しか存在しなかった東京メトロの06系。
その06系の兄弟車である07系が、最近リニューアルされたようです。

大部分が共通設計となっていた06系と07系ですが、その運命はあまりにも違いすぎる結果となってしまいました。
1編成しかいなかった06系と、6編成まで増えた07系、その在籍編成数の差こそが両形式の運命を左右したのでしょう。

20180811_08

写真は元気に小田急線に乗り入れていた頃の06系です。
たった1編成でJRから小田急まで走り回っていたので、遭遇できた時は本当にラッキーな存在でした。

鉄道コム
「Odapedia」は鉄道コムのブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は、上記バナーをクリックして頂けますと幸いです。