のんびりしたペースながら、徐々にリニューアルが進む小田急の1000形。
8連の1081Fほどではないですが、6連も残りは4本と貴重な存在になっています。

今後どのようにリニューアルが進むか分かりませんが、撮るなら早い方が良いのは間違いないでしょう。
元々6本しかいないので、そもそも比較的少数派のグループでもあります。

20180811_02

だいぶ昔の写真ですが、この頃から6連単独で使用されることは比較的珍しかったように思います。
このような写真を見て違和感が少しあるあたり、個人的には4連のイメージが強い形式です。

鉄道コム
「Odapedia」は鉄道コムのブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は、上記バナーをクリックして頂けますと幸いです。