登場時は前面帯の幅が広かった小田急の3000形。
増備途中から細くなり、その後太かった編成も細くされましたが、これにはやたら有名な噂話があります。

それは小田急のお偉いさんが京浜東北線に似ていると言われるのを気にしたとかいうもので、とにかくやたらと聞く話なのです。
真偽は分かりませんが、確かに登場時あちこちで言われていたのも事実です。

20180825_05

太い帯の3000形同士が並びました。
そんなに似ていない気もしますし、今でもこっちの方が似合っていると思うのですが、戻されることはきっとないのでしょう。

鉄道コム
「Odapedia」は鉄道コムのブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は、上記バナーをクリックして頂けますと幸いです。