小田急の千代田線直通準急は、時代に合わせて変化してきました。
登場当初は直通列車の中心種別として使われ、その後大きく数を減らしますが、現在は様々なパターンでの準急を見ることができます。

その直通準急が大きく数を減らしたのは、多摩急行の登場時です。
ラッシュ時のみの設定となり、使用する車両も小田急のみとなってしまいました。

しばらくそんな寂しい状態が続いていましたが、常磐緩行線との直通が始まると、久々に小田急車以外での設定が復活し、本数も一気に増えることとなります。

20180908_04

寂しかった時代の直通準急です。
小田急からはまだ1000形が直通している頃でした。

時代の変化に合わせて増えたり減ったり、直通準急はその調整役のような存在なのかもしれません。

鉄道コム
「Odapedia」は鉄道コムのブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は、上記バナーをクリックして頂けますと幸いです。