6連が6本在籍する小田急の1000形ワイドドア車。
正確にはこれも1000形なのですが、俗に1500形とか、1700形とか呼ばれています。

元々は4連が存在し、それで1500形と呼ばれていたのですが、現在は6連のみとなってしまったので1700形と呼ぶ方もいるようです。

どちらも俗称なので正確な呼び方はないのですが、私の中では今も1500形です。
1700形という表現にはどうしても違和感があるのですが、それだけ4連が消滅してから時間が経過したということなのでしょう。

20180923_04

まだ4連だった頃のワイドドア車が、8連を組み各停運用をこなす姿です。
番号はまさに1500番台で、1500形の表現がぴったりでした。

鉄道コム
「Odapedia」は鉄道コムのブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は、上記バナーをクリックして頂けますと幸いです。